• ホーム
  • 使用前に要チェック!ルミガン点眼液の副作用について知っておくべきこと

使用前に要チェック!ルミガン点眼液の副作用について知っておくべきこと

きれいな目とまつげ

まつ毛のボリュームが少なくまぶたの印象ばかりが目立つような状態でも、ルミガンを4-5カ月程度塗布することを継続すると改善を期待することができます。まつ毛が長くなり、太くなり腰のあるまつ毛が増加することでまつ毛全体のボリュームが増す変化を実感できますが、使用にあたって注意をはらうべきなのはルミガンの副作用に遭遇する場合があると言うことです。

ルミガンの副作用で多く観察されているのが、まぶたなどの周辺の皮膚の色素沈着です。ルミガンの有効成分であるビマトブロストは、まつ毛の毛根にある毛包細胞に働きかけて、成長サイクルを正常化する働きがあります。まつ毛には全身の毛と同様にメラニン色素が含まれているわけですが、これは毛の成長の過程にあっても生成量が増加します。まつ毛の成長がうながされれば、それだけメラニン色素の必要量も増加するからです。有効成分のケマとブロストにはまつ毛の成長を促進する作用を持っている結果、メラニン色素の生成も活性化する作用も強くなっています。ピンポイントでまつ毛の毛根部分に近接して塗布することができれば、問題なく育毛効果を期待できますが、あやまって周辺のまぶたなどに付着するとメラノサイト細胞が刺激されてメラニン色素が増加し黒住などの色素沈着などの副作用が出現するリスクが高くなるわけです。また眼球にもメラニン色素が分布しているので、あやまって目に付着すると虹彩などにも色素沈着をきたす可能性があります。

もっともまぶた等に色素沈着が生じても、ルミガンの使用をやめれば回復します。しかし虹彩などに発生すると回復までには時間を要するリスクも指摘されているところです。またルミガンがあやまて眼球に付着することで充血やかゆみを感じるなどの副作用が生じる場合もあるようです。

そこでルミガンの副作用の出現を回避し、育毛効果を発揮させるには専用のアプリケーターを使用して、まつ毛の根元だけに薬液を塗ることが重要になります。まぶたなどの周辺の皮膚に付着したときにはティッシュやコットンなどで速やかにふき取ることが必要です。アプリケーター以外に、市販の麺棒や指間ブラシなどの使用する方法もありますが、麺棒はすぐに液体が吸収されてしまい、指間ブラシもコントロールするのが難しいなどのデメリットを有しています。そのため毎日一回就寝前に、アプリケーターで塗布する基本スタイルを踏襲するのが副作用を回避し効果を発揮させるために重要と言えます。

関連記事
正しい知識を得て予防をしよう!紫外線を浴びてシミができるメカニズム 2020年05月10日

ある日、鏡をのぞいてみるとフェイシェルのあちこちに小さなポツポツのように、黒ずんだり褐色の色居合を帯びたものを発見した経験をお持ちではないでしょうか。なかには人目に付くほどのサイズに成長することもあります。周囲の正常な皮膚とは異なる色合いをしているのが、シミになります。シミにはいくつかの種類があり、...

正しい治療法を知っておけば十分に対策できる!怖くないまつ毛ダニ 2020年04月14日

まつ毛ダニは40代以降の年齢であれば男性も女性も誰が感染していても珍しくありません。自覚症状が無い場合は特に治療する必要はありませんが、まつ毛が抜けたりまぶたにかゆみや、充血などの自覚症状が出ている場合は適切な治療で対処する必要が出てきます。ただしまつ毛やまぶたにトラブルを起こす原因は他にもあるので...

いつの間に!まつ毛ダニは40代の半数がかかっているという驚きの症状とは? 2020年03月15日

人間の皮膚には常に細菌や真菌などの微生物が生息していますが、ダニなどが生息している場合もあることは御存知でしょうか。代表的なものにまつ毛ダニと言うものがありますが、一部の人だけに感染している珍しい事象ではなく、むしろきわめてありふれた寄生虫の一種と認識されています。あるデータによると40代では男性女...

民族的な理由が原因に?日本人は欧米人に比べてまつげが短いという事実 2020年02月17日

まつ毛はメイクの際に時間も手間もかかるパーツの一つ、ボリュームを持たせるためにつけまつげやエクステ、アイプチビューラーなどのアイテムの充実ぶりを見れば明らかと言えます。これらのアイテムの充実は世界共通の問題とも言えそうですが、日本人は欧米人に比較するとまつげが短く、生える方向も異なる傾向を持つとされ...

ルミガンよりお値段がお安い!ジェネリックのケアプロストの効果を分析 2020年02月10日

まつ毛育毛剤ルミガンは、まつ毛のボリュームや長さなどに不足をきたす貧毛症の治療薬としてはじめて開発実用化されました。開発販売されてからすでに特許期間が経過しているので、ジェネリック医薬品も登場しています。ジェネリック医薬品とは後発薬のことで、特許期間が経過し公開済みの開発法に基づいて先発薬と同一の有...