• ホーム
  • 正しい知識を得て予防をしよう!紫外線を浴びてシミができるメカニズム

正しい知識を得て予防をしよう!紫外線を浴びてシミができるメカニズム

ある日、鏡をのぞいてみるとフェイシェルのあちこちに小さなポツポツのように、黒ずんだり褐色の色居合を帯びたものを発見した経験をお持ちではないでしょうか。なかには人目に付くほどのサイズに成長することもあります。周囲の正常な皮膚とは異なる色合いをしているのが、シミになります。シミにはいくつかの種類があり、肝斑のようにホルモンなどの内的要因が大きく関与している場合もありますが、ほとんど事例において紫外線が発生に大きく関与している7ことが知られています。紫外線によってシミが発生するメカニズムはどのようになっているのでしょうか。

そもそもシミとは皮膚にメラニン色素が凝集して固定化された状態のことです。メラニン色素は御存知の通り、皮膚が黒ずんだり蓄積すると色合いが村になってしまう等、美容上の悩みにつながるので、肌にとって大敵との印象をお持ちの方も少なくありません。しかし実はメラニン色素は、皮膚を紫外線などの悪影響から皮膚組織を保護しやけどになったり細胞がダメージを受けることを防止するという重要な働きを担っています。

紫外線を浴びると軽度のやけど症状をきたすことがあることからも明らかなように、人体の細胞にダメージを与えます。その悪影響から表皮を保護する為に、表皮の一番底にあるメラノサイト細胞がメラニン色素を生成します。黒色メラニンは表皮細胞が一体となって皮膚のバリア機能を形成し、紫外線からの肌へのダメージを防ぎます。このように黒色メラニン色素は一時的に、紫外線などからのダメージを緩和するために必要とされるので、保護する役割を終えれば不要になります。そのため表皮の細胞分裂のサイクル(ターンオーバー)にあわせて定期的に体外に排出されていきます。そのため日焼けなど一時的に黒ずんでも、数か月も経過すればもとの歯だの状態に回復し、シミなども残らないようになっていきます。ところが加齢や紫外線を過剰に浴びるなどの影響で、ターンオーバーが乱れるとメラニン色素の生成と排出のペースが乱れてしまい、慢性的にメラニン色素が残ってしまうという状況が生まれます。その結果シミが出来てしまうと言うメカニズムになっているわけです。

このように本来はターンオーバーの過程で排出される筈だったメラニン色素が、排出されずに過剰に蓄積されることでシミが紫外線のあたる随所に発生することになります。紫外線対策がシミケアの必須条件とされる理由は、このメカニズムにあることがご理解いただけることでしょう。

関連記事
口コミで人気沸騰中!ニキビ治療に効果抜群、ブレボキシル洗顔の秘密 2020年07月26日

最近では大人ニキビが美容上の深刻な問題との認識が普及したこともあって、思春期に限らずニキビに悩む方は増加しています。治療の基本は洗顔による皮脂の除去と清潔をはかりながら、治療薬を塗布するというのが従来からの基本的スタイルでした。二段構えのケアが必要で、肌への刺激がつい成分を配合していることも珍しくな...

プチプラコスメでも効果抜群!シミをしっかりとカバーできるリキッドファンデーション 2020年06月19日

シミを解消するには美白成分を含むサプリメントを服用したり、肝斑のように内服薬を服用するなどのケアが選択肢にはいってきます。ただしこれらのケア方法、いわば身体の内部からアプローチする方法は、即効性に欠けるのが難点で、数か月以上の服用を継続して初めて効果を期待できます。しかし今すぐ、今日のお出かけのため...

正しい治療法を知っておけば十分に対策できる!怖くないまつ毛ダニ 2020年04月14日

まつ毛ダニは40代以降の年齢であれば男性も女性も誰が感染していても珍しくありません。自覚症状が無い場合は特に治療する必要はありませんが、まつ毛が抜けたりまぶたにかゆみや、充血などの自覚症状が出ている場合は適切な治療で対処する必要が出てきます。ただしまつ毛やまぶたにトラブルを起こす原因は他にもあるので...

いつの間に!まつ毛ダニは40代の半数がかかっているという驚きの症状とは? 2020年03月15日

人間の皮膚には常に細菌や真菌などの微生物が生息していますが、ダニなどが生息している場合もあることは御存知でしょうか。代表的なものにまつ毛ダニと言うものがありますが、一部の人だけに感染している珍しい事象ではなく、むしろきわめてありふれた寄生虫の一種と認識されています。あるデータによると40代では男性女...

民族的な理由が原因に?日本人は欧米人に比べてまつげが短いという事実 2020年02月17日

まつ毛はメイクの際に時間も手間もかかるパーツの一つ、ボリュームを持たせるためにつけまつげやエクステ、アイプチビューラーなどのアイテムの充実ぶりを見れば明らかと言えます。これらのアイテムの充実は世界共通の問題とも言えそうですが、日本人は欧米人に比較するとまつげが短く、生える方向も異なる傾向を持つとされ...